Peace Of Mind 2009年07月
「やがて咲く花の色を決めるのは今」 words by K.I.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、部屋の片付け→読書→買い物という妙に有意義な日曜日を過ごしてしまった。
どうもこんばんは、おーのです。


なんだか写真をたくさん載せそうな気がするので是非パソコンからごらんください


いつだったかふと小説が読みたくなって伊坂幸太郎の「週末のフール」を読んだら(あ、美容院でだ!)、予想外に面白くてなんだか読書欲が湧いてる今日この頃です。

で、家にある文庫をひっぱりだしたり、読みたい本を中古で買ってみました。
090712_2010~01
読書ノートつくろうかなぁ(笑)

あとね、安野モヨコの「美人画報」シリーズが出てきて(懐かしい!)、なんとなく昨夜一気に読んだら、「私もオシャレになりたい!」とか思っちゃった単純な人間です、ふへへ。

まぁ、即座に何か買ったりエステ行ったりする訳ではないけれど、気持ちだけでもということで自由が丘へ。
なんとまぁ、自転車で行きましたとさ(笑)

特にオシャレしなくても行けるちょっとオシャレな街。
欲しいものが沢山出てきてムラムラしただけだったけどねー(笑)

アクセサリーとかね。服とかね。時計とかね。本とかね。


あ、誰か私にこのライトを買ってクレ。
090712_1911~01

かわいいいいいいいー。
ちなみに5万円強。

これを飾るのに見合った家ないし部屋では無いんだけどサ・・・。
買ってくれたら部屋も片付けるっちゅーねん!
埃が積もらないように毎日ハタキで掃除するっちゅーねん!

うわーーん。゜(。ノωヽ。)゜。

あじさいの季節しか飾れないというところがまた贅沢だよね!
この店のガラスに貼り付くこと3度目ですね、ええ。ついに写真を撮っちまったのです。
この可愛さは罪だよな。


あ、アロマキャンドルを買いました、私。だって安かったんだもん。
090712_2014~01

最初Afternoon Teaに行って、すごくいい香りで大きくて、ススも出ないやつがあったんだけど、なにぶん高かったので、結局Francfrancで購入しました。セール品。

今そばに置いてるんだけどそれだけでめちゃくちゃ良い香り!ローズです。
似合わないといわれようがバラの香りが大好きなんですわい。

最近ね、お風呂に置いてたライトがなかなか点かなくって、それでも意地で真っ暗闇の中お風呂に入ってたんだけど(笑)、やっぱ長風呂には読書ダロ!と思ってね。

ライトは電池を入れ替えれば点くはずだがそこは放っておいて、と。(オイ)

だってキャンドル+お風呂で読書って、いかにも「優雅な感じ」を演出してくれる最強タッグだと思いませんか(笑)

これからますます楽しみです、お風呂。
似非優雅な時間をね、過ごせるという(笑)


あとは、こんなものに一目ぼれをして即購入。
090712_2147~01
ぎゃはは!かーわーいーいーー!!

横から見るとこうです。
090712_2146~01

少し考えればこんなん要らないだろって分かるようなものを買うのが大好きです(笑)
いいじゃんか、電車代節約したんだし☆




さて、前回予告した通り、まさやんのことについてしゃべらせてよ。
ちょい待って、チャンネルはそのままで!!(ワケ分からん)

ずっとずーっと書きたかったこと。
こっそり訂正したろかと何度思ったことか、この記事。→「こんばんは。」

ここで、「真夜中のBoon Boon」という曲を紹介しました。
で、問題の発言がコレ。

私の中で「Boon」ないし「Boom」は、空振りではなくて素振りだと解釈しています。
微妙な違いだけど(笑)



・・・・・。
もう一度曲を聴くORビデオを見て頂ければ分かると思いますが、素振りな訳ないんじゃー!(;`皿´)

どっちでも良いんじゃ?とお思いでしょうが、私が穴があったら入りたいぐらい恥ずかしく感じたのはSWITCH vol.26 No.4(2008年4月号)のインタビューを読んだとき。

ちょうど雑誌買い集め始めたころで、しっかりひとつずつ読んでなかったんだけどね、、「真夜中のBoon Boon」に関するインタビューを読み直したいと思って開いたんだよ。

少し引用します。


 「真夜中のBoon Boon」は、「あしたの、喜多善男」の準備稿と、原案である島田雅彦の「自由死刑」(集英社文庫)を読んで書いたという。
 一人の男の再生を描いた物語に向けて生まれたこの曲は、ゴスペル調のコーラスと軽快なエレキギターのフレーズに乗って歌われる。Boonという言葉は、野球のバットを振ったときの効果音と「恵み。恩恵」という意味のダブルネーミングである。

――ドラマの主人公の喜多善男は、いわばあなた自身と近い世代の設定です。
「島田さんの小説ではほとんど同じ世代だしね。あのさ、比率としてはどれくらいなんだろうね?」
――比率って?
「俺らの世代で、俺らみたいに普段着でいれる人と、毎日スーツ着なきゃいけない人との比率って、何対何くらいなんだろうか?」
――昔に比べれば普段着で仕事が出来る人も増えたけど、それでも六対四から七対三くらいではあるんじゃないかな?
「だよね。内田も俺と同い歳で、今って中堅な感じ?上司もいて部下もいるっていう?」
――そんないいもんじゃないしガラでもないけど、まあその通りです。
「そこなんだよね。俺は言わば自営業なんだけど、やっぱり俺がもし普通の会社とかに勤めたとすると、結婚してようがしていまいが、年齢的にはタツノオトシゴ状態っていうか、この曲の主人公みたいに上がったり下がったりなんだと思うわけ。ちょうど身体にガタがくる奴とかもいて、かと言って隠居にはまだ早過ぎるっていうね」
――解るって言いたくないけど解る。
「結局俺らの世代ってベビーブームでさ、人口的には多いはずなんだけど、何かを提示するにはどっか年齢的な部分っていうか、ある種の生きていくうら寂しさとか哀しさみたいなものを伴う時期に来たと思ったわけ。どうにもならないことも知ってんじゃん。で、どうにか出来る可能性っていうのもなんとなく把握していて」
――あとは腰を上げるだけ、みたいな。
「そうそう。比較的に優柔不断な世代だと思うしさ。で、たとえばバッティングセンターなんてモンはそんな俺らのためにあるんだと俺は思うわけ」
――それでバットが出てきたの?
「それもあるけど、本当のきっかけは十周年の時のゲンちゃん(江川ゲンタ)の言葉なの。あの時に彼が寄せてくれたメッセージに、『十年第一線でよくやってきたと思う。でもこれからは、バットを短く持ってヒット狙いっていうのも手だけど、さらにここから十年あるとしたら、グリップギリギリまで持って空振りするのもカッコいいじゃん』って書いてあったんだよね
――それはいいメッセージだね。
「うん。要は空振りしたって、もうそうそう傷つかねえんだよ。昔はもうちょっと心も弱くて、期待もかけられていて、空振りしたら自分が壊れちゃう気がしたこともあった。でも今なら、っていうか今更かもしれないけど、自分が空振りしようが、フォームさえカッコよけりゃとりあえずいいんじゃないのかなって。今でもそりゃカッコはつけるよ。でもつける場所の見極めだよね。ずうっとカッコつけてても、やっぱ疲れるじゃない?」
――つくづく頷くしかない。(後略)

※内田正樹「山崎まさよし 恩恵という名のメッセージ」第6章(「SWITCH」vol.26 No.4、2008年4月号)より

・・・・・・。
読んで思った。
私はまさに「心も弱くて、期待もかけられていて、空振りしたら自分が壊れちゃう気がし」ているのかもしれない、って。
だからBoonは素振りの音だと思いこみたかったのかもしれない、って、ね。
空振りはしたくないんだ、私。昔からそう。たぶんね。

カッコいいフォームで空振りなんてできないから。
打てないことに怯えて本来のフォームが出来ない、もしくは最初からバッターボックスに入らない。

いやーー解ってたことだけど、指摘されちゃった気がします。ズバリと。

あ、でもさ、やっぱり良いフォームを身に付けるためには陰で素振りすることも大切なんだよね。
「死ぬほど準備して、出来る限りのことは全部やってから臨むんや。それで空振りしたってしゃあないやん、プロじゃないんやし。」これも、教育実習のときに誰かさんが言っていた名言なわけで。

っていうかそれは中学生のころから聞いていたことではあるんだけどねー。
未だに私は泥がつくのを恐れているのか!と愕然。ふはは!

そろそろだね、そろそろ。
私の練習着が真っ白じゃなくなるべきなのは。ね。

さて、そういうわけで「真夜中のBoon Boon」というこの曲。
私は山崎や内田さんとは同じ年代に生まれて無いし社会にも出てないから、そういった意味で完全に歌意を理解することは出来ないかもしれない。
んーーでもやっぱり、私にとっても大切な曲だよね。もはやただの“応援ソング”でもないわな。

・・そういうことです、チャンチャン♪

あーーすっきりしたーー(笑)

この「SWITCH」ね、多分ブックオフを2軒も回ればかならず置いてありますので(笑)、ぜひ読んでみて下さい



山崎まさよしのツアーも今日で千秋楽を迎えました。
長いツアーを、お疲れさまでした!

読書とかしてるぐらいなら神戸まで行きゃあ良かったよ!(笑)
私は川口公演(5月11日)に行ってからやっぱりまた行きたくなり、関西シリーズのうちグランキューブ大阪公演2日目(7月3日)と、びわ湖公演(7月5日)に参加してきました

この記事の中でその報告もしたかったんだけどな、もう疲れた(笑)

追記か再編集、もしくは新しい記事という形で少なからずご報告したいと思いまーーす☆
だってめちゃくちゃ楽しかったんだもん!!

写真をバーーッと載せとくので、私の道中を想像してみてくださいネ。(なんて人任せ)
090703_1604~01
090703_2127~01
090704_1033~01
090704_1406~01
090704_1337~01
090705_1544~01
090705_1615~02
090705_1610~01
090705_1641~01
090705_1739~01
090705_2102~03

写真だけ見ても全然分かんないね(笑)
まぁ、いずれ。

では、おやすみなさい♪


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2009/07/13 01:23】 | 未分類
トラックバック(0) |

きゃ~きゃ~!!
トランザム
おーのさんたら、おーのさんったら本当に可愛いものを見つけるのが上手なんですねv-343ステキです。
値段は可愛くないのに、あのあじさいは反則ですね~v-406私も絶対に立ち止まってると思います(爆)
自由が丘に自転車で行ける環境にお住まいとは、なんと羨ましいんでしょ。私にとっては地獄ですがv-388

まさよしさんの電光掲示板?みたいなのに反射して映っている女子を、どの人がおーのさんかなぁ・・・なんて妄想している変態な私なのでした(笑)



こんばんは(´∨`*)
おーの
お返事が遅くなりました

お―、賛同を得られてまじでうれしいです(・∀・)

あじさいライト、白いのもあるんですよ―ッ!!


チャリは、頑張りました(笑)
帰り道を考えてしまって、省エネモードになっちゃうくらいでした(笑)


ふふッ(´∨`*)
その写メには私うつりこんでませんよ☆
それよか逗子でお目にかかった可能性大☆

え~っ!!
トランザム
白もあるんですか? 私も自由が丘に行ったら気をつけてみますねv-344

ずっ、逗子でお会いしたと?
私ちびっ子なので人並みに埋もれていたはずなのに(爆)でも私も、おーのさんらしき方を見かけたようなv-398
ステージから見てほぼ真ん中くらいにいらっしゃいませんでしたか?



(´∨`*)うは
おーの
ば、バレました……!?(爆)

デカいから迷惑だったんです(笑)


いや私はといえば、「あ、トランザムさんだ」と見分けられる術もなく…
でもおそらく顔はあわせてそうだなぁって…(・∀・)

わはは!不思議な気分です!

お久しぶりでございます(^ー^* )フフ♪
もかきち
おーのさん、ご無沙汰しててほんとにごめんなさい(・・;)
忘れられてないでしょうか・・・もかきちです。

お元気でし・・・元気そうですね!
doaブログでお名前発見しては「おーのさんv-238」っておもってました(笑)

あじさいランプ、めっちゃ可愛いですね!!
私も一目ぼれしましたよ。・・・・でも掃除が大変そう(^▽^;)

たくさんの写真も大体わかりました。
いろいろまわられた様で・・・楽しかったでしょうね♪

B’z SHOWCASEも決まりましたね。
チケ代の値段に腰抜かしそうになりましたが、なんとか行けるように頑張りたいと思っていますヾ(=^▽^=)ノ




いえいえ・・・
トランザム
私は自分がちびっ子なんで羨ましかったですv-352
おそらく、髪も長めの感じじゃないでしょうか?確かに不思議な気分ですねv-356

私はと言うと大田さん側の、おーのさんと同じくらいの列に埋もれてました(笑)真後ろに背の高い男性がいたので、妙に緊張しました(爆)

TO もかきちさん
おーの
お久しぶりです!

もちろん覚えてますよ(*^_^*)
お忙しいのかなぁと思ってました♪
私も最近ネットから遠ざかりがちなんですけど……

んもぅ恋か!ってほどに山崎にハマってまして(笑)

どこを探してもお金無いです……(笑)

SHOW CASEの知らせを見た時も、「おぉ、やんのか」程度(爆)

可能ならば参加したいですけど、チケットをどう頑張れば取れるのかすら分かりません・゜(ノ∀`)

金額は高いですけどね…、小さいハコだけにそれはそれで良いやり方なのかも、とか思ったりしてます。

それにしても、オクに流れたりするのだけはイヤですねぇ(´д`)


またもかきちさんのブログにも行きますね☆
お返事が遅れ申し訳無いです!

TO トランザムさん
おーの
ふへへ(*θ∀θ)

ん――髪短くは無いですけど、結んでました。
ってそこまで予想を付けてたならお声をかけてくださいよぅヾ(`Д´)ゝ笑

そしていつか津山にお供させて下さいね(笑)


音霊に魅せられて、また8月に行ってきまーすひとりで!(爆)

コメントを閉じる▲
今季初めて海に行ってきましたーー!!
※下のほうに多少ネタバレがあります。

090709_1652~01

風が強くてハードコンタクト使用者には恐怖の(笑)、逗子海岸ーッ!

目的は「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2009 ~5周年~」に参戦するため★

090709_1651~01

写真じゃ見にくいですが、こんな感じの真黒な外装のライブハウスです。
舞台は狭いですが中は結構広くて、ぎゅうぎゅうに入れば1000人位のキャパだそう。

私が参加した昨日7月9日の公演は、 「OPEN THE DOOR TO THE BEACH ~海へいこう~」 と題してFUNKIST、椎名純平、doaの3アーティストが 順にパフォーマンスするというもの。

もう、超!盲、腸!楽しかったーーー。
doaのワンマンより楽しい!(オイ)

砂だらけの足元、
全身汗まみれ、
でも時々フッと涼しい風が吹き込み、耳を澄ますと後ろからは波音が。

なんていうロケーション!
最高でしたーーッ!

知らないアーティストの曲を聴けて本当に良かったな、と。
みなさん、MCもお上手で。初めてライブを観る人たちの心もガッツリ掴んで行かれましてね、ウン。

doaは・・・まあ、いつも通りでした。
・・以上!(笑)

細かく書きません!きっとまた会報でレポがあるよ、うん。

では、セットリストだけ載せときましょうか。

1.心のリズム飛び散るバタフライ
2.OHIO
3.TAKE IT EASY(新曲)
4.風の中育てた花
5.Wave Your Hands(新曲)
6.I wish
7.愛は太陽のように誰にでもふりそそぐ
---encore----------
8.海
9.サザンライツ


冷蔵庫開けてもマヨネーズとしょうゆ~(*´д`)~♪

とにかく楽しかった、OTODAMA!
こりゃあまた行きたいZE!

090709_1856~01

8月末まで様々なアーティストが連日ライブをやっています。
ポッと暇ができたら是非行ってみて欲しい!
気になる方はホームページにてCheck it




次回の記事は山崎まさよしでーす(予告)


追記を閉じる▲

【2009/07/10 15:41】 | 未分類
トラックバック(0) |

音霊
サキ
参戦お疲れ様でした
ライブ会場や海岸写真見れて良かったです
何て素敵なロケーションなんでしょう!
『TAKE IT EASY』あるブログで歌詞少し見ましたが面白いですね(*^^*)
『Wave Your Hands』誰がリードボーカルですか?
参戦された皆さんに乾杯☆

TO サキさん♪
おーの
コメントありがとうございます('▽'*)

あの雰囲気、音楽、ほんとに素晴らしかったです―。

夏のキラキラした思い出になりました。

Wave Your Handsは徳永さんメインでしたよ♪(´∨`*)
アルバム発売が待ち遠しいです

今日は予期せずB'zの会報が届いていたのでなおワクワクしました(´д`)

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。