Peace Of Mind 2010年04月
「やがて咲く花の色を決めるのは今」 words by K.I.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの公園という空間。
大きさも用途も様々ですが、ほんと面白い。

こういうのは、まあよくあるか。
100415_1650_01.jpg

可愛い、ライオン。
ただこの公園(非常に小さい)はこのライオン以外になんにもありませんでした(笑)
遊具とかベンチとかいう選択肢はなかったのでしょうか。


次。この乗りもの好きだった!
100415_1701_01.jpg

しかしこの背中切なすぎるZE・・・。
子供よ、頼むから乗ってやれ。


最後の極めつけ。
↓↓↓↓↓↓






100415_1649_01.jpg

ええええぇぇぇぇええーーー!!!
なににつかうのん!

しかも2匹いた。謎です、とりあえずはやくビニールをとって使ってほしい。



これら、すべて区役所までいった帰りにみつけた公園です。
え、なんで区役所にいったかって?

それは、婚姻届を出すためです。私、入籍しました



・・いや、嘘です、ごめんなさい(爆)バラすの早ッ!
遅すぎるエイプリール・フール。


では、失礼しました・・。
オモシロ公園を見つけたらご一報くださいませ。






追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/04/16 22:54】 | 未分類
トラックバック(0) |


ふじ
変な物を撮るの好きだもんね(笑)
でもそういうのって、心に余裕が無いとなかなか見つけられんのですよね。
色々見て元気になろう~。


おーの
変なもの大好きだね~(笑)


うーん、余裕がないからこそ下らないものに心掛けて惹かれるってパターンもあるよね!

何にしても元気が出るのは、こんやってリアクションをしてくれたり、面白いことで一緒に笑ってくれる人がいることだよね~。
とクサいことを言ってみる(笑)

コメントを閉じる▲
すっかり春らしい気温。
いつまで経っても体が冷えないのね。
たのしくって夜中の1時ごろに近所を散歩してきました(笑)


タイトルは太宰治の小説、未完で絶筆となった作品です。

「BUNGO-日本文学シネマ-」という企画で、近代文学のドラマ化がなされました。
30分ではありますが山崎まさよしが主人公を演じてまして。

他にも「檸檬」や「高瀬舟」、「富美子の足」などを連日様々な俳優さん達が演じておりました。

放送はもう1ヶ月以上前。


……やっと見た!!!(おそッ)
ちなみに原作も読みました。

太宰の新境地と言いましょうか、あのユーモアは非常に楽しい。
未完なのが本ッ当に口惜しいです。

さて、ドラマの本編ですが、
【以下ネタバレ含む…かな?】




山崎が演技してるのを見るのはこっぱずかしくてムズムズすると思ってたけど、全然そんなことなくしっくり来た。

むしろハマリ役?(´ρ`)笑
田島の滑稽さが際立つ演技だったけど、30分の短い作品だからね、一貫していて良かった。



あとね「陽気なゴースト」とか「ア・リ・ガ・ト」がちょこちょこ流れてテンション上がりすぎた(´∨`*)わは
雰囲気はぴったりなんだけどモ、エンディングも「ア・リ・ガ・ト」なんだね!

昔の女への「アリガト」?「朝も昼も夜も夢中になってくれて」?
曲の意味を知っている側からすると少し違和感があるが、エンディングで聴いてみると「そうとれなくもないのかな」なんて(笑)


小説を読んで楽しみにしていたのは、水川あさみ演じる“かつぎ屋”のキヌ子。

ええ演技してたわぁーーー(・∀・)さすがです!
小説だとやはり田島視点で描かれているので感じなかったけど、映像で客観的に見ると一気にキヌ子の方に親近感が芽生えた。見ていて気持ちの良い女だよね。


そして、週に1回化ける女っていいなーー!
ギャップかぁ、うん。
そして、男の前で沢山食べるのもいいかもなー!笑
とんかつに刺身の組み合わせはさすがにないがな。


ぜひ、「グッド・バイ」読んだ方があればドラマも見てみて♪
もちろんドラマだけ見ても十分面白いと思う。

貸してあげるよ。



さぁてさて。
春眠暁をおぼえずといいますが、この調子じゃ眠らずに日の出を迎えそうだなぁ。
まったく眠くない。

今日はコンタクトも入れずに眼鏡、化粧はオンリーミネラル!だった!たまにはいいね。
眠くなるまで本を読みます。では。



追記を閉じる▲

【2010/04/11 03:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
春ですね―。


「春も嵐も」/山崎まさよしがぴったりな季節です。

ちょうど去年の4月1日に発売だったんだなぁそういえば。

街も人も浮ついて足が地についてないような雰囲気。

だからこそ春が好きだし、
だからこそ春が苦手かも。




ブログに書くようなネタはたくさんあったなぁ(´・∀・`)
もう前回の更新から1ヶ月以上経ったとは…!

B'zのライブ参戦とかDVD発売決定とか、今年のソロ活動とか。

はたまた謝恩会とか旅行とか飲み会とかお花見とか。

最近また「北斗の拳」がアツい…とか?(要らないか笑)

見に行ったお芝居、見に行くお芝居。

初めて救急車に乗った、とか。

その都度書きゃ良かったな。
今となっては面倒なんだよ(笑)



あ、そうそう昨日は枝も垂れるほど満開の桜を見に行ったんだ。
強風で桜の花もぶわぶわ動くから、ずっとスポーツモードにして写真撮ってたんだよね(笑)

夜に見る桜というのは本当に美しかった。太陽のもとでみる桜のピンク色も好きだけど、ちょっと怖いくらいに白く浮かぶ桜も好き。

千鳥ヶ淵では桜を照らすLEDがピンク色で(笑)、不思議な気持ちだったけど。


靖国神社の桜の下は、スーツ達で埋め尽くされてた。桜を見上げるのに疲れてフッと下に目をやると黒い人たちが蠢いていてぎょっとした。



暑くも寒くもない生暖かい風、
闇に浮かぶ桜、
へらへらした人々、
黄色く妖しい月、

全部が夢みたいでした。
ファンタジー?


こんな幻想的なお花見は初めてかも。
不気味に美しかったです。

私に絵を描く才能があったなら描きたいと思った。




さて、またとりとめのない話をしてしまった!
眠い!寝よう。

おやすみなさいm(__)m

【2010/04/03 02:12】 | 未分類
トラックバック(0) |


ふじ
めんどくさいよね。

私は絵を描く才能は無いが、描くのは好き。
ゆかさんは、そうやって文字で表現できる才能があるよ。
それは羨ましいし、ゆかさんの視点で切り取った世界を
これからも見てみたいと思う。


おのゆか
本当に~!
ありがとう(*^_^*)


歌や楽器、文章や絵で表現したいと思う人を私は無条件で尊敬するなぁ。

「才能がないから」を理由にしてやらない人(私含め)は、結局「やりたくない」だけなんだよ(笑)
巧拙なんて関係ないもん\(^o^)/

「曲を作るってことは、結局自分自身を切り崩していく作業だ」と言っていたのはたぶん山崎。
それってすごいことだ。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。