Peace Of Mind 後半戦
「やがて咲く花の色を決めるのは今」 words by K.I.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半戦、携帯で見たらハンパなく読みにくい(笑)
ちょこちょこ改善していこっと。
まぁ、なんにせよパソコンで見てくれること希望(´・H・`)

あまりに文章が長すぎて、スクロールバーがめちゃくちゃ短いのね(笑)楽しいです。

さて、このページには後々、ライブの後半戦をアップいたしまする。

いつになるかは、保証できません(笑)


話は変わりますが、私は新宿にいます。
さすが、今の季節、街に出ればカップルばかり。
皆さん、一生懸命生きていきましょう。(謎)


ちなみに今日は名古屋でdoaがライブをやってます。い―い―な―…
DVDとか、出さないかな―( ´∀`)


旅行にでも行きたい(しみじみ)。

旅行仲間が欲しい。
てか旅費を出してくれる人が欲しい。笑



現実逃避続行中です。


そろそろ、エンジンふかしはじめないと。



2009年1月12日追記
グミを一気食いしながらの後半戦アップです。
何事も一気なのが好きです、ふへへ(´∨`*)

てっさてっさ好きや!
てっさてっさ好きや!!
てっさ!てっさ!好きやぁぁ!!
(言いたいだけ)
〈参考〉Youtubeでどうぞ(笑)



さあ、いったるでー!
※吉本君にちなんでところどころ似非関西弁でお送りします(←アホ)

7 ハロー☆グッバイの後のMCからでしたね。
若干ライブレポというより曲紹介になってしまうのをお許しくださいませ。

―――MC――――――――――
d「暑いね。酸素の密度もおかしいもんね。脱いでいーっすか?」
上着を脱いで丸める。1階の観客は「投げろ」オーラを発してました(笑)
2階にいた私も「いきなり投げんのかー、いいなー」と思った記憶が。

でも、
d「あげへんで」と不敵な笑み。
・・・・ドカーン!!
かっこよすぎだrぽ!(思わず噛む程)

d「徳永さん、九州のツアーでシャツ1枚だったんですけど汗でべっちょべちょなんですよ(笑)全部透けてて。」
a「歌の途中、近付いてくれるんですけど、肩組んでるフリして実は腕を浮かして触ってない、みたいな!(笑)今日は大丈夫!下着着てるから。・・・下着って言わないか(笑)」

d「じゃあもう脱いどいたらいいんちゃいますか?」の一言で会場は「脱ーげ!脱ーげ!」コールで騒然。
いいなあこの安いテンション、と思ってました(笑)


d「真面目な話もしましょうよ。徳永さん、アルバムの聴きどころとか言ったらええんちゃう?」

その後徳ちゃんがアルバム「Prime Garden」の話をしていたのを覚えとります。
ラストに入っているトラック「乾杯」とか。
この曲、いつもレコーディングしているトコのすぐ裏の「庭」(じゃなくて公園!)の淵に座って、発泡酒を飲みながらICレコーダーで録ったんだとか。んーーイメージするとすれば、バンプのアルバムに入ってるボーナストラックみたいな・・、あのユルさ(笑)


さて、一生懸命徳ちゃんが話している間に、大樹くんは大田さんとこ行って話したりして、徳ちゃんイジリ。
1回目には吉本君が大田さんとこ行って水で乾杯をして、ニヤニヤしながら徳ちゃんを見てるの。

a「コラ!ちゃんと聞いてる?俺、リーダーよ?(会場に向かって)ねぇ?」

懲りずに2回目は吉本君がステージ中央に来て水を飲んで「ぷはぁ」と。マイク越しにね。

a「好きやね~そういうの(笑)」
d「今ホンマに悔しい顔してましたね!」
a「アハハ!だからね、んも~何言うか忘れちゃうからさあ!」


次に(まだやるんか)、吉本君はまた大田さんとこに行って肩組んでニヤニヤ。

a「3回目は怒るでほんま!」
奇妙なイントネーションの関西弁を披露してまーした(´艸`*)ぷ
いじられんの好きなんでしょうね、本当のところはネ

a「(前略)・・なんか言ってよぅ!いじる時はいじってもさぁ!」
d「いやぁ僕は結構話してるんですけどね、大田さんがさっきの猫がやっぱり恥ずかしかったみたいで、あんましゃべらへん!猫になっとる!」
(みんな爆笑)
o「いやいや猫はね・・僕の夢だったんで・・コタツと猫が叶って、浸ってるわけですよ僕は・・ハイ。まあそんなね、乾杯って曲は、そうやって録りましたが・・。あのー僕は真面目に話します、ハイ。えーと、今度ね、僕が歌うんですけど、アルバムの曲。今年は本当ね、僕野球が好きでよく見るんですけど、桑田投手の引退・野茂投手の引退・清原引退。そして王監督も勇退。みたいな感じで、一つの時代が終わったなぁ、と、感じてるわけですよ、ハイ。でまあね、アメリカに行って活躍した人、また、行って活躍したい人とかがいますけど、僕も良く考えてみればアメリカンロックが好きで音楽を始めて、(観客なぜか笑う)そのアメリカには今は行けず!パスポートもなく!(観客:ええぇ~!!)行ったこともなく!今ここに至るわけですよ。それで、そんなアメリカに憧れて音楽を始めたときの自分の気持ちと、今の自分はどうなんだということをふと考えたことがあって、詞を書きました、ハイ。その曲を歌いたいと思います。」(拍手)

大田さん、あんた、話題転換下手だわ!(笑)
いや、嘘です好きです。

それにしても、良いMCだなあ。大田さんや徳ちゃんの年齢を考えれば、doaに費やした4年という年月は、中身がどうであれ長すぎるはず。
3人にとってもっともっと大きくしていきたいであろうバンドだからこそ、私も応援したい気持ち3割増しです。
とりあえずパスポートは取っといてや~(・∀・)

8 終わらないYESTERDAY
で、良い曲なんだコレが。大田さんの本音が覗けて嬉しいかぎりです。イントロなしでボーカルインする瞬間にゾクゾクしました。歌うまいなー。
「変わらないけど変ってゆく 変わらないで変われたら」
「繰り返しだけど進んでゆく 繰り返さないで進めたら」

この気持ち、分かります。深い。
す、既に泣きそうなんですけどーーー(T_T)

余韻を残しつつ印象的なイントロへ。

9 勝手ノ勝チ太郎
シングル「サザンライツ」のカップリング。CD買ってなくて、私ライブではじめて聴いたんだーー。
初聴きだからか、音量がデカ過ぎたのか、歌詞が全然聞きとれませんでした♪ウフフ♪
大田さんの高音来たよーー(≧∀≦)
ラストは大田さんのシャウトなんです。
歓声が飛びます。「大田っちーー!!」とか(笑)可愛い。(笑)会場にも笑いが漏れました。


10 Underworld
これも「サザンライツ」のカップリング。ゆえにこれもライブではじめて聴きました(´・з・`)
みんなこの2曲で相当盛り上がってる中、「また知らない曲―」と思ってなんとなく萎えてしまった(笑)
やっぱ参戦前にセトリとか曲とか全部知っときたい派だなぁ、私。
これは作詞・リードがdの英語の曲です。いやにかっこええー。お立ち台に乗ったりしてました。
マイクにコード付いてるじゃん。コードレスじゃないから。
あのね、それを気にしながら動き回る時のしぐさがカッコイイんだよね(はいマニアックーー)。
さすが歌が上手くて、今思えばCD音源とおんなじ演奏(当り前か?)。英語聞きとれなかったけど、歌詞カード見てより好きになった曲です。
間奏のキーボードのフレーズがかっこよくて、増田さんを見てみたけど、彼、常に同じ角度同じ姿勢で座っていらっしゃいました(笑)

11 ガラスのハイウェイ
2008年第一弾シングル曲、リードはa。
この曲、携帯に入れてて毎朝聴いてました。全部歌えるぐらい歌詞覚えてるのに、なんか意味はあんまり取れてない曲。徳ちゃんの書く詞は、いつもそんな感じです。
言葉一つ一つが粒々して印象的で、まとまったイメージが作れない。
・・・私の頭が弱いだけか?(笑)
なんにしても、そんな言葉が紡げるのがうらやましいですよ、うん。



大田さんのコーラスいいなあ(*θ∀θ)大樹くんの存在を忘れちゃう”(ノ><)ノ

12 どんくらい
っしゃー、好きな曲。daリード。
「Don’t cry!ってどんくらい?」っていうダジャレ曲です。
ダジャレにそぐわずかっこいいメロディーなんですよ。
今度カラオケで歌わしてください(笑)
「酔って走って迷って腐って」んとこで吉本くんが腕を振ってピョコピョコさせてたのが可愛い。
今度カラオケで真似させてください(笑)

ドラムから入ってギターフレーズへ。このイントロだけで歓声が上がる。私もイントロだけでめっさてっさテンションが上がりました。(てっさしつこい)

13 ワガベソ
・・・ところで「ワガベソ」ってなに?笑(゜Д゜)
たぶん「我が臍」って意味だと思いますけど。
歌う時に大樹くんが腹を指差してたからね(・∀・)
「背を向けるな 恐れるな あれこれ言うのは他人 でも最後はワガベソ」
・・・うん、だから、「ワガベソ」ってなに?(笑)
すいません、調べときます。反省。
「ワガベソ」って言われる度に力が抜けてしまったんですけど、そのメロディーとその声がこの上なくかっこいいんですよね・・・。特にサビ。
日本語を追いかけていく英語の部分も好き。←ライブでは最後のとこしか歌ってなかったけどねー…ショボーン(´・H・`)
Aメロは音が低かったのでちょっと音外し気味だったぞーぃ!そして歌詞適当に歌うなや!
あ、あと、「G行為」ってなに?ふう、勉強不足ね・・。

―――MC――――――――――
d「楽しんでもらってますか~ぁ!!」
(観客:イエーーイ!)
d「ありがとうございまーす。いやあ、暑いですね。(観客:あつーい)これ外出たら寒いと思うんでね、盛り上がらないでください・・とは言われへんから、盛り上がってください!もっと汗かいてください!もぉっと汗かいてください!」(私:ハァハァ(´д`;))
d「えーと、僕達、2008年は、僕がちょっとサボってたことも多かったんですけど、doaは沢山キャンペーンに行きました。いろんな都道府県に行きまして、キャンペーンしてきました。そこで、たくさんの人に出会ったりしたんですけど、ラジオ番組とかにも出てきました。でラジオとかでたら、必ず聞かれるのが、『マイブームはなんですか』って聞かれるんですね。で僕は、基本的に趣味無いんですよ。だからなんて答えよう『寝る』?とか?まあ最近は飛行機のマイレージ集めとかネ。あれ管理すんの結構楽しいんですよ。でまあ大田さん、何やったっけ?何か言うてましたね、まあええわ」
o「僕は・・抱き枕・・」(観客:ザワザワ)
d「え?」
o「・・抱き枕・・・・」
d「あー抱き枕ね。抱き枕がマイブーム・・ってちょっと気持ち悪いですけど」
(観客爆笑)
d「で、徳永さんが一回どっかのラジオ番組でね、マイブームは何ですかって聞かれたときに、体がかたいんで前屈、って。前屈。前屈をすんのが楽しいらしいんです。ほんでね、ここ今2つお立ち台あるんですけど、これ、ほんまは僕らがパフォーマンスするためのものじゃないんですよ。右と左で・・え、2回やる?(徳ちゃんに)向かって」(観客:きゃーいヽ(≧∀≦)ノ)
スタッフがちっこい横断幕を持ってきます。それを広げながら、
d「ダーーン!!」(観客:きゃーいきゃーいヽ(≧∀≦)ノ)
布には「徳永暁人の本気で前屈」と手書きで書いてある。
o「ハートが付いてる・・」

AXでの公演は本ツアー3本目。毎公演やって企画のようで、最初の福岡では+17㎝。(地面から17㎝離れてるってこと!)2本目の鹿児島では+16㎝。硬過ぎるーー(笑)
d「尋常じゃないぐらいかたいっす。ちょっとおかしいですよね。もともと陸上やってたから、大丈夫だと思うんですけど。」

観客おおはしゃぎ(笑)
向って右側のお立ち台が良く見えなかったんで、ここに来て遂に立ってしまいましたわよ、わたくし

そんでね、みんなの掛声のもと前屈したら、まさかの+18㎝。
やり直して、なんとか+15㎝になりましたとサ。
頑張った頑張った、よーしよしよし(´∨`*)

a「皆さんのパワーで1㎝伸びましたぁ!」(観客:きゃーいヽ(≧∀≦)ノ)
o「ハイ、そんなね、コーナーもありつつ・・。」
出たあ、大田さんの話題転換!ウケます。
o 「僕が書いたんですよ、あの本気で前屈っていう幕・・。本当は全部黒で書こうと思ったら黒のインクが無くなってしまってね・・ハイ。そんな感じで・・今日はね・・、みんなに会えて、ハッピーです!」
私も、大田さんの突拍子もない話題転換見れてハッピーです!(*θ∀θ)
o「いい日です、グッデイです!年末、皆さん、元気ですか?(観客:げんきぃー!)いろいろ暗いニュースはありますけど、良いこと、一つ探していきましょうよ。じゃ、みんな手拍子で!」
きたーーこの曲!アーティストらしいMCどうもありがとうございます♪
マジで癒されるわーーー、大田さん。

癒し紳一郎がギターをかき鳴らす。私このまま、アンコールまで立ちっぱでした♪
14 グッデイ☆バッデイ
シングル「サザンライツ」のカップリング。この曲、好きなんですよぅ。カラオケで歌ったら、「doaって誰だか知らないし」と言われました。まあ、そらな。覚えとけこのやろー!
大田さんの不思議声が本当に好きなんですよね・・たまらん。
「胸の奥 どっかに青空描いて」・・・うんうん(>_<)

o 「♪えー!ちょっと待って今日は何曜日?♪」
d&a「♪金曜日♪」

こんなフレーズがB’zの曲であったりしたら、私は前のり出して「金曜日!」言ってるでしょうね。ぷぷ。
会場は大盛り上がりですね。アルバム曲じゃないのに、みんなやっぱ好きなんだなあ。
「グッデイ♪バッデイ♪」のところで、オリジナルの振り付け?みたいのをしてる女が1階にいて、私は凝視してました。すげーなと思って。
ライブではしゃぐのやめとこう・・誰かに見られてるかもしれない。
前も、B’zのライブの時にさ、異常な腰使いで踊り狂う女が視界にいてさ。こっちの気まで狂いそうだったという思い出が(笑)

15 新世界
オルガン調のイントロで、何の曲か分からずにいたけど、「ナーナーナナナーナ♪」の歌い出しでテンション上がりまくりました!
ファーストアルバムからの曲です。歌詞もちょっとしかなくて短い曲だけど、やっぱ3人で歌う曲が好きだよーー!ハモれるってすごいなあ(*^_^*)
高校で歌ったハレルヤですら、ソプラノにつられてた私には歌えない曲ですナ(笑)

d「へい一緒に!」とか「せーの!」とか一生懸命お客を煽ってました。
まあ、あんまり一緒に歌うような曲じゃないかも知れないけど、雰囲気がよくて私も歌おうかとムズムズ。
素直に歌っとけよ自分・・。一人で行ってたら歌ってたと思うけど。
まじで一人で行けばよかったと今更ながら後悔。

16 ゼロの気持ち
2006年にリリースした7枚目のシングル。このイントロが大好きなんス(´・∀・`)
作詞は大田さん。リードは…Aメロがaで、あとはd…かな、多分。サビも追っかけるように2人で歌ってる。
Aメロの裏声は大樹君なのかな・・素敵☆
「ウウッフー♪ウウッフー♪イエィイエイー♪」のフレーズがね、かっこいいのよ。(ああ、なんで文字に起こすと伝わらないの)よし、Youtube付けちゃろう。

ライブの前にワクワクとか、妄想とか、(何を歌って欲しいという)願望とかなんもなかっただけに、この選曲はめちゃめちゃ良かったですね。アルバム収録曲は全部演ってるから、過去の曲は少ないもんね。

聴き所は、吉本君のブルースハープと、大田さんの「剥き出しの自分に会いたい~~あああぁ~~!!」ていうシャウトです。

・・・
・・・・・
吉本君、全然ハープ吹けてないやんけーー(゜ε゜;)
シクシク・・・そこ惚れ直すところだったのに・・。
でも、収録時には徳ちゃんがやってるハープを、あんな歌ってる最中なのにやったのがすごいよね。
また聴かせてくださいな。

で、すぐ大田さんのシャウトが。やっベーよ、この人、かっこいい!
人が歌うの聴いててスカッとするっていう経験はなかなかないですよね。
首だいじょうぶ?て程に上向いて歌ってはりましたね(笑)
いやー、会場はもう最高に熱かったです。

さて、曲終了後すぐドラムがズンドコ言い出し、観客はみんな手拍手をし始めます。
d「盛り上がるぞーーィ!」(観客:いえーーい)
d「(手拍子を)みんなやって、みんな!2階も!」(私:ドキリ)
d「1・2、1・2・3・4!」

17 Come On!
作詞、リード共にdの関西弁曲です。私、この曲好きすぎて、1曲だけリピートにかけてずっと聴いてて、
ヘビロテのしすぎで嫌いになりかけてたんですけど(笑)、やっぱ盛り上がる曲ですね。ぬはーー(・∀・*)


「こないだ近所に打ちっぱなし場が出来てん
久し振りに錆びついたクラブ振りに行こうや
部長の似顔絵とか画いたボール用意して
ドラコン勝負して負けたやつのおごりや」

っていうAメロの歌詞なんですけど、大樹君、1行目のトコは余裕かましてゴルフのモーションをしてたんだけどモ、2行目のトコ噛ッみ噛みでな!(笑)
「さびついた▽×♨✳久しぶりに◎いこうやッ」つって(笑)
いやーあげ足を取りたい訳じゃないんですけどね、ウケました。
本人も照れ笑いしてました。
演奏のテンポも速くなっていて、テンションがあがるとともに、焦ってる感じもあったのかも知れませんね。
自分が冷静だっただけに歌い間違い探しが得意になってました……いやな客だなあ(笑)

d「一緒にぃ!」「聞こえへん!」「全然聞こえへんよぉ!」とお客が歌うのを促す。
で、2番と3番の間では、お客さんとステージの掛け合いを。

d「今から声聞かせてください!いいですかぁ、じゃあ・・どうしよっかなぁ。男性の方からいきますよ!僕が、Wow~ぉぉぉぉ~♪て言うから、続いて下さい!」
d「Wow~ぉぉぉぉ~♪」

男性陣「Wow~ぉぉぉぉ~♪」
これを2回。
d「オッケー。じゃあ次!女性の方行きますよ!僕が、Yeah~ぇぇぇぇ~♪つったら言ってくださいね。」
d「Yeah~ぇぇぇぇ~♪」

女性陣「Yeah~ぇぇぇぇ~♪」
これを2回。

あとは、なぜか「30以下の人」と「30以上の人」に振り分けられて掛け合い。なんじゃそりゃ(笑)
でも、聞いた感じどっちが多いという訳でもなかったなあ。

a「つぎちょっと変えますよー。」とのことで、徳ちゃんがいろんなタイプのWow~♪を4回。
a「うまいッ」

o「変えますよー。」
o「しーぶーやあーっくすー♪」×2「今日~はサイコ~♪」×2
o「うまいッ」

声高すぎや!

d「じゃあもういっぺんみんなで一緒にいきますよぉ!」
で、みんなでWow~♪とYeah~♪を歌って・・・。楽しかった。
最近もよくライブを思い出しつつ1曲リピートにかけてます(笑)

d「あっした!」
つって超潔く3人がステージを去って行きました。
私は、まさかまだアンコールじゃあるまいと思っていたから、「ああもう終わりかぁ!」つって驚いてました。
本当、あっという間なんだよなぁ。
B’zのライブにいくと筋肉痛になるけれど(笑)、こんな疲れないライブは初めてだと思って自分に苦笑…。
全然暑くもないんですよ(笑)

―――encore――――――――
みんな手拍子している中メンバーが再登場。全員ツアーTの赤いのを着ていました。
コレ↓
6c261f30.jpg

MCが入ります。ここはリーダー!
a「アンコールどうもありがとうございまーす!いやぁ本当ねぇ、久しぶりに東京に来てね、結構インストアライブとかでは来てるんですけれども、こうバンドを従えてフルでステージやると・・・気持ちいいっすねーー!!」(観客:いえーーい!ピューピュ―!)
a「ありがとうございます。我々doaはですね、今年7月で、デビューしてから4年経ちました。まぁ、僕ももともと関東にいて、大阪に移り住んで始めたバンドで、またこうやって東京に帰ってこれるっていうのはすごく嬉しいことなんですけど。えーと、4年前にね、この2人と知り合って、この3人でデビューということになった時にね、ひとつ自分の中で思ったことがあったんですよ。それは、とにかく、4年頑張ってみようと(笑)たぶんいろんなね、辛いこととか思い通りにいかない事とかもあると思うけど、まずは4年、頑張ってみて、何か1個でもいいから、わー良かったなと思えることがあったら、doaを作って○(マル)にしようと心に誓ったんですよ。なあんで4年なんだったかちょっと未だに思い出せないんですけどね。3年とか5年だったらアレなんですけど。まあ4年ていうふうに思ったんですね。で今年4年を迎えまして、初めて全国ツアーという形でこうやって皆さんにお会い出来て、とても嬉しいです。ありがとう!本当に嬉しいんですよ、今日を楽しみに僕はしてて、コタツの準備とか・・(笑)そういうこともすごく一生懸命やったりね、楽しみだったんすよ。今日はすごく僕らにとって特別な日なんです、全国ツアーをやって、東京に来れたと。皆さんに会えたと。そうなんですけど、なんかこう今日ばっかりがクローズアップされるじゃないですか、例えば記念日とか誕生日とかって。でもそうじゃなくて、振り返ればそれにずーーっと積み重なってきたこの毎日があって。皆さんもそうだと思うんですよ。まあ生きてる限り思い通りにいかないこととかも、失敗とかも、多少あると思います。僕らもそうです、色々あったんですけど…、でもこうやって一個でもみんなに会えたっていう嬉しい事があると、すごくやる気になったり、また明日がんばろうかなって思います。ここにこうやって音楽を通じて、これだけの人が元気に集まってるということ自体、みなさん毎日、頑張ってきた証じゃないですか。ね!そう思うんスよ。色んなことあると思うけど、誰一人脱落せずに。だから僕らも、4年経ってやっとスタートに立てたような気がしています、今。これから来年とかも、どんどんコレしようアレしようって3人で話してて、楽しみな年になりそうです。これからも、doaをよろしくおねがいします!」(観客:拍手!)
a「明日からそれぞれの生活があると思いますけども、また次会うときは、また元気で、こういう最高の顔をみなさん見せてください!本当に1日1日がまた明日から楽しくなるように、願っております!じゃあ、そういう、1日1日を大切にしたいな、と思ってかいた曲があるので、次に聴いてもらいたいんですけど。これはニューアルバムのPrime Gardenにも実は入ってなくて、本当に最近出来たばっかりの曲です。聴いて下さい、365のダイヤモンド」

「4年」の話が出たとき、まさか解散!?とかドギマギしてしまいました(´・H・`)
本当にこれからも頑張って欲しいですね・・。
昨年は大田さんがB’zツアーを回ったり、吉本君がいなかったりでリーダーが一人でライブをやったりする機会もみられました。…大変なことですよね、それって。
それでもバラバラにならずにこうやってCDを出してツアーを成功させて。
すごいと思います!応援しちょります!

18 365のダイヤモンド
1月28日にリリースが決まっている新曲です。

365のダイアモンド

徳ちゃんが歌います。
「ふりそそぐ365のダイヤモンド それぞれ受け取って僕達がいる いま何ができるのだろう
喜べる理由は特になくても 普通が普通にドラマになるよ 君となら分かち合う そんなやり方で」

説明不要にいい曲です。メロディーも印象的。
あー、それにしても、また徳ちゃんがリードボーカルかぁって(笑)←失礼だ
同曲を3人それぞれがリードボーカルをした別バージョンを収録してほしい。そんなの、あったよなぁ、ラルクとかで。まぁ、実現しないだろう。

19 君だけに気づいてほしい
前曲終了後、ドラムがズムズム言い始める。
ぬわわわわ・・!好きな曲やぁ!
最初CDで、「君だけに気づいてほしいな 新しい僕の匂いを」っていうサビを聞いた時は、なんだこのキモイ曲は!と思ったけど・・。


作詞o、リードd。

また歌詞間違えとるよぅ!大樹君!

演奏のテンポがめっちゃ速くて、あれはアレンジとは思えないほどのスピードでしたね。1.3倍速ぐらい(笑)
ライブ終了間近ってかんじでさみしくなりました。
「目を閉じれば浮かんでくる 僕らの始まった場所 そして必ず僕らが戻る場所」
のところで、大樹君が必死に地面(渋谷)を指差す。ほんまに戻って来るんかいなー!
まあ、SHIBUYA-AXとは言わずとも、もっと大きい会場でライブできるようになるといいね☆

20 サザンライツ
a「次は本当に最後の曲になりまーす!みんなで一緒に歌ってください!」
作詞・リード共に徳ちゃんの、11thシングル曲です。去年の初夏に出したもの。
気持ちがスッキリするいい曲です。爽やかで、キラキラしてます。

サビは観客が手を左右に振ってました。
2階でも、数人やってるひとはいましたよ(笑)
「ラーララ♪」はみんなで合唱。
やっぱいいねえ、ライブは(´・∀・`)ふはは!

d「あ!り!が!とう~!」
a「Thank you!」

―――last―――――――――メンバーが退場しないうちにいきなり「手紙」が流れ始める。
d「どうもありがとうございます!本当はね!ここで『サンキュー!ありがとう!』とか言って行くのがカッコイイかも知れないんですけど。アルバム聴いて頂いたた方は分かると思うんですけど、最後に乾杯という曲が入ってます。それを、今日は飲み物はないんですけど、みんなで最後に乾杯して終わりましょう!」

おおー、ナイス企画!
「手紙」が止まり、CD通りにギターのみで演奏がはじまって、ひとりずつ一言+「乾杯!」という流れになりました。

21 乾杯
d「久しぶりのAX、東京に!乾杯!」
a「今日のライブに!乾杯!」
森「いつか東京に住むぞ!乾杯!」
鶴「今日みんなに会えて、とても嬉しかったでーす!乾杯!」
小「えーと東京で有名なカラスです!乾杯!」
←ワッケわからん(笑)
d「みんな、風邪ひかんと帰ってよ!乾杯!」
o「最後にみんなで~ぇ~♪」
d「行っくでーー、せーの」

かーーんぱーーい!!

( ^_^)/□☆□\(^_^ )

ES:手紙
改めてESが流れ始めて、メンバー達は肩を組んで深々とお辞儀。
名残惜しそうにステージを去って行きましたとさーー☆
最後は増田さんも拍手をしてらっしゃいました。

2階から1階へ降りるとき、増田さんの席のすぐ右の階段を使ったんですが、後ろ振り返ってまで彼を凝視していたら、増田さんもこっちを見てました(ο>ε<ο)ふへへ!
そこで握手だとかサインだとか何のアクションも起さない私はバカですね!
まあいっか!

幸せな気持ちでそそくさと会場を出て、「ご飯でも」という同伴者に「もう食べたから☆」(嘘)つって直帰しました(笑)

あーーあ、いいライブだった(´∨`*)♪

思うのは、吉本君の歌唱力が格段に上がっているということ。
2年前のライブ映像を見ても、声が持たなかったり、コーラスに声量負けしたり、とやっぱ経験値の少なさがにじみだしてましてます。まあ大田さんや徳永さんが上手過ぎるのもあるかもしれないけど。
そういうのが無かったように思います。

このクオリティーならDVDにも出来るぞ!
リリース熱望。

さて、これにて終了!
なんでこんな義務感に追い立てられるようにレポートを書いてるのか分かんないけど
おーつかーれさーん!!




※前半戦後半戦で掲載した画像は、すべて私の撮った写真、もしくはdoaブログから取らせていただいたものになってます。
※今さらながらですが、ド派手にネタばれしちょります(笑)


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
―――MC――――――――――
d「暑いね。酸素の密度もおかしいもんね。脱いでいーっすか?」
上着を脱いで丸める。1階の観客は「投げろ」オーラを発してました(笑)
2階にいた私も「いきなり投げんのかー、いいなー」と思った記憶が。

でも、
d「あげへんで」と不敵な笑み。
・・・・ドカーン!!
かっこよすぎだrぽ!(思わず噛む程)

d「徳永さん、九州のツアーでシャツ1枚だったんですけど汗でべっちょべちょなんですよ(笑)全部透けてて。」
a「歌の途中、近付いてくれるんですけど、肩組んでるフリして実は腕を浮かして触ってない、みたいな!(笑)今日は大丈夫!下着着てるから。・・・下着って言わないか(笑)」

d「じゃあもう脱いどいたらいいんちゃいますか?」の一言で会場は「脱ーげ!脱ーげ!」コールで騒然。
いいなあこの安いテンション、と思ってました(笑)


d「真面目な話もしましょうよ。徳永さん、アルバムの聴きどころとか言ったらええんちゃう?」

その後徳ちゃんがアルバム「Prime Garden」の話をしていたのを覚えとります。
ラストに入っているトラック「乾杯」とか。
この曲、いつもレコーディングしているトコのすぐ裏の「庭」(じゃなくて公園!)の淵に座って、発泡酒を飲みながらICレコーダーで録ったんだとか。んーーイメージするとすれば、バンプのアルバムに入ってるボーナストラックみたいな・・、あのユルさ(笑)


さて、一生懸命徳ちゃんが話している間に、大樹くんは大田さんとこ行って話したりして、徳ちゃんイジリ。
1回目には吉本君が大田さんとこ行って水で乾杯をして、ニヤニヤしながら徳ちゃんを見てるの。

a「コラ!ちゃんと聞いてる?俺、リーダーよ?(会場に向かって)ねぇ?」

懲りずに2回目は吉本君がステージ中央に来て水を飲んで「ぷはぁ」と。マイク越しにね。

a「好きやね~そういうの(笑)」
d「今ホンマに悔しい顔してましたね!」
a「アハハ!だからね、んも~何言うか忘れちゃうからさあ!」


次に(まだやるんか)、吉本君はまた大田さんとこに行って肩組んでニヤニヤ。

a「3回目は怒るでほんま!」
奇妙なイントネーションの関西弁を披露してまーした(´艸`*)ぷ
いじられんの好きなんでしょうね、本当のところはネ

a「(前略)・・なんか言ってよぅ!いじる時はいじってもさぁ!」
d「いやぁ僕は結構話してるんですけどね、大田さんがさっきの猫がやっぱり恥ずかしかったみたいで、あんましゃべらへん!猫になっとる!」
(みんな爆笑)
o「いやいや猫はね・・僕の夢だったんで・・コタツと猫が叶って、浸ってるわけですよ僕は・・ハイ。まあそんなね、乾杯って曲は、そうやって録りましたが・・。あのー僕は真面目に話します、ハイ。えーと、今度ね、僕が歌うんですけど、アルバムの曲。今年は本当ね、僕野球が好きでよく見るんですけど、桑田投手の引退・野茂投手の引退・清原引退。そして王監督も勇退。みたいな感じで、一つの時代が終わったなぁ、と、感じてるわけですよ、ハイ。でまあね、アメリカに行って活躍した人、また、行って活躍したい人とかがいますけど、僕も良く考えてみればアメリカンロックが好きで音楽を始めて、(観客なぜか笑う)そのアメリカには今は行けず!パスポートもなく!(観客:ええぇ~!!)行ったこともなく!今ここに至るわけですよ。それで、そんなアメリカに憧れて音楽を始めたときの自分の気持ちと、今の自分はどうなんだということをふと考えたことがあって、詞を書きました、ハイ。その曲を歌いたいと思います。」(拍手)

大田さん、あんた、話題転換下手だわ!(笑)
いや、嘘です好きです。

それにしても、良いMCだなあ。大田さんや徳ちゃんの年齢を考えれば、doaに費やした4年という年月は、中身がどうであれ長すぎるはず。
3人にとってもっともっと大きくしていきたいであろうバンドだからこそ、私も応援したい気持ち3割増しです。
とりあえずパスポートは取っといてや~(・∀・)

8 終わらないYESTERDAY
で、良い曲なんだコレが。大田さんの本音が覗けて嬉しいかぎりです。イントロなしでボーカルインする瞬間にゾクゾクしました。歌うまいなー。
「変わらないけど変ってゆく 変わらないで変われたら」
「繰り返しだけど進んでゆく 繰り返さないで進めたら」

この気持ち、分かります。深い。
す、既に泣きそうなんですけどーーー(T_T)

余韻を残しつつ印象的なイントロへ。

9 勝手ノ勝チ太郎
シングル「サザンライツ」のカップリング。CD買ってなくて、私ライブではじめて聴いたんだーー。
初聴きだからか、音量がデカ過ぎたのか、歌詞が全然聞きとれませんでした♪ウフフ♪
大田さんの高音来たよーー(≧∀≦)
ラストは大田さんのシャウトなんです。
歓声が飛びます。「大田っちーー!!」とか(笑)可愛い。(笑)会場にも笑いが漏れました。


10 Underworld
これも「サザンライツ」のカップリング。ゆえにこれもライブではじめて聴きました(´・з・`)
みんなこの2曲で相当盛り上がってる中、「また知らない曲―」と思ってなんとなく萎えてしまった(笑)
やっぱ参戦前にセトリとか曲とか全部知っときたい派だなぁ、私。
これは作詞・リードがdの英語の曲です。いやにかっこええー。お立ち台に乗ったりしてました。
マイクにコード付いてるじゃん。コードレスじゃないから。
あのね、それを気にしながら動き回る時のしぐさがカッコイイんだよね(はいマニアックーー)。
さすが歌が上手くて、今思えばCD音源とおんなじ演奏(当り前か?)。英語聞きとれなかったけど、歌詞カード見てより好きになった曲です。
間奏のキーボードのフレーズがかっこよくて、増田さんを見てみたけど、彼、常に同じ角度同じ姿勢で座っていらっしゃいました(笑)

11 ガラスのハイウェイ
2008年第一弾シングル曲、リードはa。
この曲、携帯に入れてて毎朝聴いてました。全部歌えるぐらい歌詞覚えてるのに、なんか意味はあんまり取れてない曲。徳ちゃんの書く詞は、いつもそんな感じです。
言葉一つ一つが粒々して印象的で、まとまったイメージが作れない。
・・・私の頭が弱いだけか?(笑)
なんにしても、そんな言葉が紡げるのがうらやましいですよ、うん。



大田さんのコーラスいいなあ(*θ∀θ)大樹くんの存在を忘れちゃう”(ノ><)ノ

12 どんくらい
っしゃー、好きな曲。daリード。
「Don’t cry!ってどんくらい?」っていうダジャレ曲です。
ダジャレにそぐわずかっこいいメロディーなんですよ。
今度カラオケで歌わしてください(笑)
「酔って走って迷って腐って」んとこで吉本くんが腕を振ってピョコピョコさせてたのが可愛い。
今度カラオケで真似させてください(笑)

ドラムから入ってギターフレーズへ。このイントロだけで歓声が上がる。私もイントロだけでめっさてっさテンションが上がりました。(てっさしつこい)

13 ワガベソ
・・・ところで「ワガベソ」ってなに?笑(゜Д゜)
たぶん「我が臍」って意味だと思いますけど。
歌う時に大樹くんが腹を指差してたからね(・∀・)
「背を向けるな 恐れるな あれこれ言うのは他人 でも最後はワガベソ」
・・・うん、だから、「ワガベソ」ってなに?(笑)
すいません、調べときます。反省。
「ワガベソ」って言われる度に力が抜けてしまったんですけど、そのメロディーとその声がこの上なくかっこいいんですよね・・・。特にサビ。
日本語を追いかけていく英語の部分も好き。←ライブでは最後のとこしか歌ってなかったけどねー…ショボーン(´・H・`)
Aメロは音が低かったのでちょっと音外し気味だったぞーぃ!そして歌詞適当に歌うなや!
あ、あと、「G行為」ってなに?ふう、勉強不足ね・・。

―――MC――――――――――
d「楽しんでもらってますか~ぁ!!」
(観客:イエーーイ!)
d「ありがとうございまーす。いやあ、暑いですね。(観客:あつーい)これ外出たら寒いと思うんでね、盛り上がらないでください・・とは言われへんから、盛り上がってください!もっと汗かいてください!もぉっと汗かいてください!」(私:ハァハァ(´д`;))
d「えーと、僕達、2008年は、僕がちょっとサボってたことも多かったんですけど、doaは沢山キャンペーンに行きました。いろんな都道府県に行きまして、キャンペーンしてきました。そこで、たくさんの人に出会ったりしたんですけど、ラジオ番組とかにも出てきました。でラジオとかでたら、必ず聞かれるのが、『マイブームはなんですか』って聞かれるんですね。で僕は、基本的に趣味無いんですよ。だからなんて答えよう『寝る』?とか?まあ最近は飛行機のマイレージ集めとかネ。あれ管理すんの結構楽しいんですよ。でまあ大田さん、何やったっけ?何か言うてましたね、まあええわ」
o「僕は・・抱き枕・・」(観客:ザワザワ)
d「え?」
o「・・抱き枕・・・・」
d「あー抱き枕ね。抱き枕がマイブーム・・ってちょっと気持ち悪いですけど」
(観客爆笑)
d「で、徳永さんが一回どっかのラジオ番組でね、マイブームは何ですかって聞かれたときに、体がかたいんで前屈、って。前屈。前屈をすんのが楽しいらしいんです。ほんでね、ここ今2つお立ち台あるんですけど、これ、ほんまは僕らがパフォーマンスするためのものじゃないんですよ。右と左で・・え、2回やる?(徳ちゃんに)向かって」(観客:きゃーいヽ(≧∀≦)ノ)
スタッフがちっこい横断幕を持ってきます。それを広げながら、
d「ダーーン!!」(観客:きゃーいきゃーいヽ(≧∀≦)ノ)
布には「徳永暁人の本気で前屈」と手書きで書いてある。
o「ハートが付いてる・・」

AXでの公演は本ツアー3本目。毎公演やって企画のようで、最初の福岡では+17㎝。(地面から17㎝離れてるってこと!)2本目の鹿児島では+16㎝。硬過ぎるーー(笑)
d「尋常じゃないぐらいかたいっす。ちょっとおかしいですよね。もともと陸上やってたから、大丈夫だと思うんですけど。」

観客おおはしゃぎ(笑)
向って右側のお立ち台が良く見えなかったんで、ここに来て遂に立ってしまいましたわよ、わたくし

そんでね、みんなの掛声のもと前屈したら、まさかの+18㎝。
やり直して、なんとか+15㎝になりましたとサ。
頑張った頑張った、よーしよしよし(´∨`*)

a「皆さんのパワーで1㎝伸びましたぁ!」(観客:きゃーいヽ(≧∀≦)ノ)
o「ハイ、そんなね、コーナーもありつつ・・。」
出たあ、大田さんの話題転換!ウケます。
o 「僕が書いたんですよ、あの本気で前屈っていう幕・・。本当は全部黒で書こうと思ったら黒のインクが無くなってしまってね・・ハイ。そんな感じで・・今日はね・・、みんなに会えて、ハッピーです!」
私も、大田さんの突拍子もない話題転換見れてハッピーです!(*θ∀θ)
o「いい日です、グッデイです!年末、皆さん、元気ですか?(観客:げんきぃー!)いろいろ暗いニュースはありますけど、良いこと、一つ探していきましょうよ。じゃ、みんな手拍子で!」
きたーーこの曲!アーティストらしいMCどうもありがとうございます♪
マジで癒されるわーーー、大田さん。

癒し紳一郎がギターをかき鳴らす。私このまま、アンコールまで立ちっぱでした♪
14 グッデイ☆バッデイ
シングル「サザンライツ」のカップリング。この曲、好きなんですよぅ。カラオケで歌ったら、「doaって誰だか知らないし」と言われました。まあ、そらな。覚えとけこのやろー!
大田さんの不思議声が本当に好きなんですよね・・たまらん。
「胸の奥 どっかに青空描いて」・・・うんうん(>_<)

o 「♪えー!ちょっと待って今日は何曜日?♪」
d&a「♪金曜日♪」

こんなフレーズがB’zの曲であったりしたら、私は前のり出して「金曜日!」言ってるでしょうね。ぷぷ。
会場は大盛り上がりですね。アルバム曲じゃないのに、みんなやっぱ好きなんだなあ。
「グッデイ♪バッデイ♪」のところで、オリジナルの振り付け?みたいのをしてる女が1階にいて、私は凝視してました。すげーなと思って。
ライブではしゃぐのやめとこう・・誰かに見られてるかもしれない。
前も、B’zのライブの時にさ、異常な腰使いで踊り狂う女が視界にいてさ。こっちの気まで狂いそうだったという思い出が(笑)

15 新世界
オルガン調のイントロで、何の曲か分からずにいたけど、「ナーナーナナナーナ♪」の歌い出しでテンション上がりまくりました!
ファーストアルバムからの曲です。歌詞もちょっとしかなくて短い曲だけど、やっぱ3人で歌う曲が好きだよーー!ハモれるってすごいなあ(*^_^*)
高校で歌ったハレルヤですら、ソプラノにつられてた私には歌えない曲ですナ(笑)

d「へい一緒に!」とか「せーの!」とか一生懸命お客を煽ってました。
まあ、あんまり一緒に歌うような曲じゃないかも知れないけど、雰囲気がよくて私も歌おうかとムズムズ。
素直に歌っとけよ自分・・。一人で行ってたら歌ってたと思うけど。
まじで一人で行けばよかったと今更ながら後悔。

16 ゼロの気持ち
2006年にリリースした7枚目のシングル。このイントロが大好きなんス(´・∀・`)
作詞は大田さん。リードは…Aメロがaで、あとはd…かな、多分。サビも追っかけるように2人で歌ってる。
Aメロの裏声は大樹君なのかな・・素敵☆
「ウウッフー♪ウウッフー♪イエィイエイー♪」のフレーズがね、かっこいいのよ。(ああ、なんで文字に起こすと伝わらないの)よし、Youtube付けちゃろう。

ライブの前にワクワクとか、妄想とか、(何を歌って欲しいという)願望とかなんもなかっただけに、この選曲はめちゃめちゃ良かったですね。アルバム収録曲は全部演ってるから、過去の曲は少ないもんね。

聴き所は、吉本君のブルースハープと、大田さんの「剥き出しの自分に会いたい~~あああぁ~~!!」ていうシャウトです。

・・・
・・・・・
吉本君、全然ハープ吹けてないやんけーー(゜ε゜;)
シクシク・・・そこ惚れ直すところだったのに・・。
でも、収録時には徳ちゃんがやってるハープを、あんな歌ってる最中なのにやったのがすごいよね。
また聴かせてくださいな。

で、すぐ大田さんのシャウトが。やっベーよ、この人、かっこいい!
人が歌うの聴いててスカッとするっていう経験はなかなかないですよね。
首だいじょうぶ?て程に上向いて歌ってはりましたね(笑)
いやー、会場はもう最高に熱かったです。

さて、曲終了後すぐドラムがズンドコ言い出し、観客はみんな手拍手をし始めます。
d「盛り上がるぞーーィ!」(観客:いえーーい)
d「(手拍子を)みんなやって、みんな!2階も!」(私:ドキリ)
d「1・2、1・2・3・4!」

17 Come On!
作詞、リード共にdの関西弁曲です。私、この曲好きすぎて、1曲だけリピートにかけてずっと聴いてて、
ヘビロテのしすぎで嫌いになりかけてたんですけど(笑)、やっぱ盛り上がる曲ですね。ぬはーー(・∀・*)


「こないだ近所に打ちっぱなし場が出来てん
久し振りに錆びついたクラブ振りに行こうや
部長の似顔絵とか画いたボール用意して
ドラコン勝負して負けたやつのおごりや」

っていうAメロの歌詞なんですけど、大樹君、1行目のトコは余裕かましてゴルフのモーションをしてたんだけどモ、2行目のトコ噛ッみ噛みでな!(笑)
「さびついた▽×♨✳久しぶりに◎いこうやッ」つって(笑)
いやーあげ足を取りたい訳じゃないんですけどね、ウケました。
本人も照れ笑いしてました。
演奏のテンポも速くなっていて、テンションがあがるとともに、焦ってる感じもあったのかも知れませんね。
自分が冷静だっただけに歌い間違い探しが得意になってました……いやな客だなあ(笑)

d「一緒にぃ!」「聞こえへん!」「全然聞こえへんよぉ!」とお客が歌うのを促す。
で、2番と3番の間では、お客さんとステージの掛け合いを。

d「今から声聞かせてください!いいですかぁ、じゃあ・・どうしよっかなぁ。男性の方からいきますよ!僕が、Wow~ぉぉぉぉ~♪て言うから、続いて下さい!」
d「Wow~ぉぉぉぉ~♪」

男性陣「Wow~ぉぉぉぉ~♪」
これを2回。
d「オッケー。じゃあ次!女性の方行きますよ!僕が、Yeah~ぇぇぇぇ~♪つったら言ってくださいね。」
d「Yeah~ぇぇぇぇ~♪」

女性陣「Yeah~ぇぇぇぇ~♪」
これを2回。

あとは、なぜか「30以下の人」と「30以上の人」に振り分けられて掛け合い。なんじゃそりゃ(笑)
でも、聞いた感じどっちが多いという訳でもなかったなあ。

a「つぎちょっと変えますよー。」とのことで、徳ちゃんがいろんなタイプのWow~♪を4回。
a「うまいッ」

o「変えますよー。」
o「しーぶーやあーっくすー♪」×2「今日~はサイコ~♪」×2
o「うまいッ」

声高すぎや!

d「じゃあもういっぺんみんなで一緒にいきますよぉ!」
で、みんなでWow~♪とYeah~♪を歌って・・・。楽しかった。
最近もよくライブを思い出しつつ1曲リピートにかけてます(笑)

d「あっした!」
つって超潔く3人がステージを去って行きました。
私は、まさかまだアンコールじゃあるまいと思っていたから、「ああもう終わりかぁ!」つって驚いてました。
本当、あっという間なんだよなぁ。
B’zのライブにいくと筋肉痛になるけれど(笑)、こんな疲れないライブは初めてだと思って自分に苦笑…。
全然暑くもないんですよ(笑)

―――encore――――――――
みんな手拍子している中メンバーが再登場。全員ツアーTの赤いのを着ていました。
コレ↓
6c261f30.jpg

MCが入ります。ここはリーダー!
a「アンコールどうもありがとうございまーす!いやぁ本当ねぇ、久しぶりに東京に来てね、結構インストアライブとかでは来てるんですけれども、こうバンドを従えてフルでステージやると・・・気持ちいいっすねーー!!」(観客:いえーーい!ピューピュ―!)
a「ありがとうございます。我々doaはですね、今年7月で、デビューしてから4年経ちました。まぁ、僕ももともと関東にいて、大阪に移り住んで始めたバンドで、またこうやって東京に帰ってこれるっていうのはすごく嬉しいことなんですけど。えーと、4年前にね、この2人と知り合って、この3人でデビューということになった時にね、ひとつ自分の中で思ったことがあったんですよ。それは、とにかく、4年頑張ってみようと(笑)たぶんいろんなね、辛いこととか思い通りにいかない事とかもあると思うけど、まずは4年、頑張ってみて、何か1個でもいいから、わー良かったなと思えることがあったら、doaを作って○(マル)にしようと心に誓ったんですよ。なあんで4年なんだったかちょっと未だに思い出せないんですけどね。3年とか5年だったらアレなんですけど。まあ4年ていうふうに思ったんですね。で今年4年を迎えまして、初めて全国ツアーという形でこうやって皆さんにお会い出来て、とても嬉しいです。ありがとう!本当に嬉しいんですよ、今日を楽しみに僕はしてて、コタツの準備とか・・(笑)そういうこともすごく一生懸命やったりね、楽しみだったんすよ。今日はすごく僕らにとって特別な日なんです、全国ツアーをやって、東京に来れたと。皆さんに会えたと。そうなんですけど、なんかこう今日ばっかりがクローズアップされるじゃないですか、例えば記念日とか誕生日とかって。でもそうじゃなくて、振り返ればそれにずーーっと積み重なってきたこの毎日があって。皆さんもそうだと思うんですよ。まあ生きてる限り思い通りにいかないこととかも、失敗とかも、多少あると思います。僕らもそうです、色々あったんですけど…、でもこうやって一個でもみんなに会えたっていう嬉しい事があると、すごくやる気になったり、また明日がんばろうかなって思います。ここにこうやって音楽を通じて、これだけの人が元気に集まってるということ自体、みなさん毎日、頑張ってきた証じゃないですか。ね!そう思うんスよ。色んなことあると思うけど、誰一人脱落せずに。だから僕らも、4年経ってやっとスタートに立てたような気がしています、今。これから来年とかも、どんどんコレしようアレしようって3人で話してて、楽しみな年になりそうです。これからも、doaをよろしくおねがいします!」(観客:拍手!)
a「明日からそれぞれの生活があると思いますけども、また次会うときは、また元気で、こういう最高の顔をみなさん見せてください!本当に1日1日がまた明日から楽しくなるように、願っております!じゃあ、そういう、1日1日を大切にしたいな、と思ってかいた曲があるので、次に聴いてもらいたいんですけど。これはニューアルバムのPrime Gardenにも実は入ってなくて、本当に最近出来たばっかりの曲です。聴いて下さい、365のダイヤモンド」

「4年」の話が出たとき、まさか解散!?とかドギマギしてしまいました(´・H・`)
本当にこれからも頑張って欲しいですね・・。
昨年は大田さんがB’zツアーを回ったり、吉本君がいなかったりでリーダーが一人でライブをやったりする機会もみられました。…大変なことですよね、それって。
それでもバラバラにならずにこうやってCDを出してツアーを成功させて。
すごいと思います!応援しちょります!

18 365のダイヤモンド
1月28日にリリースが決まっている新曲です。

365のダイアモンド

徳ちゃんが歌います。
「ふりそそぐ365のダイヤモンド それぞれ受け取って僕達がいる いま何ができるのだろう
喜べる理由は特になくても 普通が普通にドラマになるよ 君となら分かち合う そんなやり方で」

説明不要にいい曲です。メロディーも印象的。
あー、それにしても、また徳ちゃんがリードボーカルかぁって(笑)←失礼だ
同曲を3人それぞれがリードボーカルをした別バージョンを収録してほしい。そんなの、あったよなぁ、ラルクとかで。まぁ、実現しないだろう。

19 君だけに気づいてほしい
前曲終了後、ドラムがズムズム言い始める。
ぬわわわわ・・!好きな曲やぁ!
最初CDで、「君だけに気づいてほしいな 新しい僕の匂いを」っていうサビを聞いた時は、なんだこのキモイ曲は!と思ったけど・・。


作詞o、リードd。

また歌詞間違えとるよぅ!大樹君!

演奏のテンポがめっちゃ速くて、あれはアレンジとは思えないほどのスピードでしたね。1.3倍速ぐらい(笑)
ライブ終了間近ってかんじでさみしくなりました。
「目を閉じれば浮かんでくる 僕らの始まった場所 そして必ず僕らが戻る場所」
のところで、大樹君が必死に地面(渋谷)を指差す。ほんまに戻って来るんかいなー!
まあ、SHIBUYA-AXとは言わずとも、もっと大きい会場でライブできるようになるといいね☆

20 サザンライツ
a「次は本当に最後の曲になりまーす!みんなで一緒に歌ってください!」
作詞・リード共に徳ちゃんの、11thシングル曲です。去年の初夏に出したもの。
気持ちがスッキリするいい曲です。爽やかで、キラキラしてます。

サビは観客が手を左右に振ってました。
2階でも、数人やってるひとはいましたよ(笑)
「ラーララ♪」はみんなで合唱。
やっぱいいねえ、ライブは(´・∀・`)ふはは!

d「あ!り!が!とう~!」
a「Thank you!」

―――last―――――――――メンバーが退場しないうちにいきなり「手紙」が流れ始める。
d「どうもありがとうございます!本当はね!ここで『サンキュー!ありがとう!』とか言って行くのがカッコイイかも知れないんですけど。アルバム聴いて頂いたた方は分かると思うんですけど、最後に乾杯という曲が入ってます。それを、今日は飲み物はないんですけど、みんなで最後に乾杯して終わりましょう!」

おおー、ナイス企画!
「手紙」が止まり、CD通りにギターのみで演奏がはじまって、ひとりずつ一言+「乾杯!」という流れになりました。

21 乾杯
d「久しぶりのAX、東京に!乾杯!」
a「今日のライブに!乾杯!」
森「いつか東京に住むぞ!乾杯!」
鶴「今日みんなに会えて、とても嬉しかったでーす!乾杯!」
小「えーと東京で有名なカラスです!乾杯!」
←ワッケわからん(笑)
d「みんな、風邪ひかんと帰ってよ!乾杯!」
o「最後にみんなで~ぇ~♪」
d「行っくでーー、せーの」

かーーんぱーーい!!

( ^_^)/□☆□\(^_^ )

ES:手紙
改めてESが流れ始めて、メンバー達は肩を組んで深々とお辞儀。
名残惜しそうにステージを去って行きましたとさーー☆
最後は増田さんも拍手をしてらっしゃいました。

2階から1階へ降りるとき、増田さんの席のすぐ右の階段を使ったんですが、後ろ振り返ってまで彼を凝視していたら、増田さんもこっちを見てました(ο>ε<ο)ふへへ!
そこで握手だとかサインだとか何のアクションも起さない私はバカですね!
まあいっか!

幸せな気持ちでそそくさと会場を出て、「ご飯でも」という同伴者に「もう食べたから☆」(嘘)つって直帰しました(笑)

あーーあ、いいライブだった(´∨`*)♪

思うのは、吉本君の歌唱力が格段に上がっているということ。
2年前のライブ映像を見ても、声が持たなかったり、コーラスに声量負けしたり、とやっぱ経験値の少なさがにじみだしてましてます。まあ大田さんや徳永さんが上手過ぎるのもあるかもしれないけど。
そういうのが無かったように思います。

このクオリティーならDVDにも出来るぞ!
リリース熱望。

さて、これにて終了!
なんでこんな義務感に追い立てられるようにレポートを書いてるのか分かんないけど
おーつかーれさーん!!




※前半戦後半戦で掲載した画像は、すべて私の撮った写真、もしくはdoaブログから取らせていただいたものになってます。
※今さらながらですが、ド派手にネタばれしちょります(笑)


スポンサーサイト

【2008/12/21 18:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。