Peace Of Mind 『偶然の音楽』
「やがて咲く花の色を決めるのは今」 words by K.I.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲村トオルかっこよすぎだ!!!
ち、近かってん!!!
役者


舞台をみにいったのですが、中身についてはですね、うーん。上手く説明出来ない。
分かりやすいようで分かりにくいような。
解釈は見る者それぞれに委ねられているような。
うーん原作『偶然の音楽』、読んでみようと思います。

昨日観たのに私自身うまく整理がついておらず、申し訳ないっす。

それにしても、「舞台表象」はあぁいうやり方が今は流行りなのかな?一般的なの?

良く分からないですけれども…。




仲村トオルのしゃべり方や声は、ちょっと上川隆也を彷彿させてラブでした。(なんだソレ)
今回の上演は再公演みたいで、2005年の、同場所で同時期に演っているようです。若者ジャック・ポッツィ役は今回田中圭という人だったんですけれども、2005年のときは小栗旬だったようです。
oguri.jpg
今やあの三茶のちっこい劇場にはでれないのかしら。まあ、役柄として田中くんのほうが「軽い」感じがあってるんじゃなかろうか。

あ、そだ私が今年の2月に観た「春琴」も、来春再演決定だそうで。
春琴

見逃した人は最後のチャンスですので是非。やっぱ好評だったんだろうね。

前回は舞台を上から見下ろすような席だったので、1階席が取れるのなら私ももう一度みたい。


野村萬斎の狂言も一度はみたい。
パブリックシアター、野村萬斎が監修(?)なんだよ。三茶っていいよね(笑)

金額は高くても、映画をみるよりはるかに舞台の方が面白いと気付いた今日この頃。
生身だしね。ある意味でライブですから。
良いお芝居情報、映画情報があったらお寄せくださいませ。
(結局映画も募るんかい)

じゃ!
スポンサーサイト

【2008/09/27 13:49】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。